文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
テキスト目次(サイトマップ)
トップページ > 宗像市社協について > 社会福祉協議会の位置付け
 

宗像市社協について

社会福祉協議会の位置付け

宗像市社会福祉協議会(以下「本会」という。)は昭和45年に社会福祉法人の認可を受け、現在まで宗像市の地域福祉向上のため地域のみなさんと共に様々な事業を展開してきました。

その位置づけは、次のとおりです。

社会福祉協議会は、社会福祉法(平成12年法律第111号)第109条に「地域福祉の推進を目的とする民間の中心的な団体」として明確に規定されています。また、社会福祉協議会の組織構成や事業等も社会福祉法に定められています。その活動は「民間性」と極めて高い「公共性」が特徴です。

したがって宗像市の総合計画や各種福祉計画には、福祉行政の一翼を担い民間福祉を推進する中心的な団体として位置づけられて来ました。特に、宗像市の地域福祉計画である「宗像市保健福祉計画」においては「宗像市社会福祉協議会は地域福祉推進の中心組織として『地域福祉活動計画』を策定し、計画的に活動を進めていることから、今後も地域福祉推進の重要なパートナーとして連携を密にしていきます」と位置づけられています。


Copyright Munakata City Council of Social Welfare.All rights reserved.