文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
テキスト目次(サイトマップ)
トップページ > 地域福祉活動に関する情報 > 福祉教育事業
 

地域福祉活動に関する情報

福祉教育事業

社会福祉法第4条において地域住民が地域福祉の推進者として規定されました。

また、ノーマライゼーションの考えに基づく福祉の心(個性の違いを認め、お互いの存在を認め、共感し合える心)と、みんなが共に生きるために必要な社会保障や地域福祉の基本的な考え方について、子どもも大人もともに理解してもらうため福祉教育を行っています。


高齢者疑似体験の様子

認知症サポーター養成講座
(児童向け紙芝居)


福祉教育推進事業(福祉体験学習の支援)

昭和60年から指定を始め、平成6年より福祉教育推進継続指定事業を新たに開始しました。平成15年の玄海町との合併を機に本市全小・中学校が福祉教育推進校指定となり、福祉教育推進継続指定事業は廃止しました。長年にわたる障がい者・高齢者擬似体験学習や手話教室、点字教室、障がいのある人との交流、親子での体験学習等への協力により、福祉教育に取り組む学校が増えました。現在は、福祉教育推進事業実施要綱にもとづき、保育園・幼稚園から高校まで指定を行っています。


福祉教育推進校の指定

平成18年度から福祉教育推進計画に基づいた「福祉教育推進事業実施要綱」により、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校を対象に「推進校」を指定し、子どもへの福祉教育を推進・強化しています。

指定校(園)数 平成27年度 平成28年度 平成29年度
■福祉教育推進校
  1. 幼稚園(推薦園)2
  2. 保育園(推薦園)2
  3. 小学校15
  4. 中学校7
  5. 高 校2
    【計:28校・園】
■福祉教育推進校
  1. 幼稚園(推薦園)2
  2. 保育園(推薦園)2
  3. 小学校15
  4. 中学校7
  5. 高 校2
    【計:28校・園】】
■福祉教育推進校
  1. 幼稚園(推薦園)2
  2. 保育園(推薦園)2
  3. 小学校15
  4. 中学校7
  5. 高 校2
    【計:28校・園】

福祉教育推進校(園)への福祉体験学習等の支援

■福祉教育推進校(園)が実施する福祉体験学習等の実施を支援しています。

■実施校数:小学校14校+中学校2校+高校2校

■支援回数:小学校131回(日)+中学校2回(日)高校10日(回)

対象者数 学校
学年
1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 職員
小学校 29人 34人 609人 879人 483人 596人   2,583人
中学校 0人 0人 324人         324人
高校 380人 312人 0人       21人 713人
平成29年度 合計 21人 3,620人
平成28年度 合計   3,515人
平成27年度 合計   2,531人

福祉教育推進校連絡会の実施

「福祉教育推進事業実施要綱」により指定を受けた保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校による福祉教育推進校(園)の連絡会を2回開催しました。


実施事業 実施日時 主な活動内容
第1回連絡会 7月12日
メイトム宗像
202会議室
  1. 福祉体験学習のご案内 →福祉教育の申込等について
  2. 各園校の福祉教育の取組み報告
  3. 宗像市福祉教育セミナーの開催案内
  4. 福祉教育読本「ともに生きる」の活用依頼
  5. 福祉絵画コンクールの協力依頼
  6. ジュニアボランティアスクール開催案内・他
第2回連絡会 2月14日
メイトム宗像
202会議室
  1. 福祉教育推進事業に係る報告書類の事務手続きについて
  2. 福祉絵画コンクールおよび福祉教育読本「ともに生きる」感想文の作品集『ともだち』の配布
  3. 社会福祉法人 宗像市社会福祉協議会出前講座紹介
  4. 認知症サポーター活動支援事業について・他

第12回宗像市福祉教育セミナーの開催

事業説明
宗像市福祉教育セミナーでは、福祉教育推進校(園)の先生や地域福祉の推進に関わる方々に福祉教育への理解と、地域福祉への参画を推進するため、平成17年から開催しています。

事業内容
第13回の福祉教育セミナーのテーマは「地域共生~子どもと育つまちづくりをめざして~」。
 学校と地域の連携による福祉教育を基盤に、子どもから高齢者まで様々な世代が一緒に学び合い、支え合う福祉のまちづくりをテーマとした講演と、地域で取り組む福祉教育の事例報告を行いました。
実施期日
平成29年8月3日(木) 13:30~15:30
実施場所
メイトム宗像 多目的ホール
参加者数
225人
実施内容
項目 主な内容
講演 地域共生~子どもと育つまちづくりをめざして~
講師 元西南学院大学 人間科学部 社会福祉学科教授 山元裕子先生


福祉教育読本「ともに生きる」配布事業及び読後感想文コンクール

市内の小学5年生を対象に福祉教育読本「ともに生きる」を配布し、優秀な感想文は表彰しています。


福祉教育読本「ともに生きる」感想文および福祉絵画コンクール受賞作品「ともだち」の作成

福祉教育読本「ともに生きる」感想文と福祉絵画コンクールの優秀な作品を1冊にまとめて市内の幼稚園・保育園から高等学校と市民図書館に配布しています。


Copyright Munakata City Council of Social Welfare.All rights reserved.